読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真実性補題

ジャズ いつか数学

エリック・ドルフィーを聴け

Eric Dolphy

 エリック・ドルフィー(Eric Dolphy)を聴いたことが無い方は、聴きましょう。聴いたことがある方は、せっかくなので聴きましょう。なにせ生誕88周年ですからね。

 この記事では初見の方に向けてエリック・ドルフィーを紹介していきます。まず軽く来歴を見ておきましょう。

 

 エリック・ドルフィーの略歴

 エリック・ドルフィー(1928年6月20日-1964年6月29日)はアメリカ西海岸ロサンゼルスに生まれ育ったジャズミュージシャンで、東海岸へ進出した1960年にアルバム『Outward Bound』で鮮烈なデビューを果たします。以後1964年に異郷の地ベルリンにおいて夭折するまで、前衛ジャズの旗手として活躍しました。リーダー作では『At The Five Spot Vol.1』『Out To Lunch』『Last Date』などの傑作を残し、またサイドマンとしてもチャールス・ミンガス(Charles Mingus)のグループやジョン・コルトレーン(John Coltrane)のグループで数々の名演を残しています。その使う楽器は多彩で、アルトサックス・バスクラリネット・フルートの三つの木管楽器を巧みに操るマルチリードプレイヤーでした。バスクラリネットに関しては、ジャズ史上初めてバスクラリネットでアドリブソロを取ったパイオニアとも言えます。

 それでは具体的にどんな音楽をしていたのか、音源を聴いていきます。

 

続きを読む

モダンジャズことはじめ Part.1 - 入門編

モダンジャズことはじめ

 これから何回かに渡り「モダンジャズことはじめ」と銘打ってジャズを今まで聴いたことが無い方を対象にジャズを紹介する記事を書いていきます。

 このPart.1では、読者の方々にとりあえずジャズ(特にモダンジャズ)を聞いてもらうことを目的としています。そのために音源もほぼ背景知識が無くても聞けるような奴を選んでいます。この記事で扱う音源を聴いていけばそれが背景知識となり次の段階に進んでいけるはずです。

 このシリーズを通して音源の聞き方について、二点言っておきます。一つ目は、出来るだけ良いイヤホン・ヘッドホンで聞いた方が良いことです。経験的に100均のイヤホンはウッドベースの音が潰れたりシンバルが聞くに堪えないシャカシャカ状態になるのでお勧めできません。 二つ目は、音源は基本的にフルで聞く必要がないことです。慣れない音楽だと5分聞き通すのも辛いし、特にアドリブの面白さは最初分かり辛いですよね。曲のテーマを聞いて何か違うと思ったらすぐ次に行っても良いと思います。このシリーズ通して結構な数の音源を紹介するはずなので、一つでも耳に引っかかって、youtubeとかで検索していって、最終的にジャズに興味を持ってくれたらこれ以上のことはありません。

 

続きを読む